悪質なクレジットカード現金化業者の特徴

どんな職種にも悪質な業者が潜んでおり、知らない人をカモにしています。クレジットカード現金化にも悪質な業者が存在しており、利用者を騙そうと考えていることを知っておきましょう。悪質性には特徴がありますので、それを掴んで業者選びをしてください。

創業年数が若い業者は避けよう

創業年数が3年以上ある業者を利用するようにしましょう。比較的若い業者になると、悪質な行為を働いている可能性がぐっと高くなります。創業年数が長いというのは、それだけトラブルもなく運営をしてきた証。ここを見ることによって、今まで誠実に運営をしてきたことを証明することができますので、悪質業者の見極めとして大きなポイントになっています。

換金率が高い業者も要注意

換金率の相場は80~90%になり、希望する金額によって上がるのが基本です。高い換金率を提供している業者は、サービス精神に富んでいると感じるでしょうが、ここに罠があることも。高い換金率を餌にしている業者もあります。いろんな手数料を設けており、それを引いていくと、結局相場に落ち着いたり、なかには下回ることも。このようなテクニックで騙そうとしてきますので、高い換金率だからといって飛びつかないようにしましょう。

基本無料で現金化ができる

いろんな手数料名目で搾取しようとする悪質な業者も存在しております。基本は無料でクレジットカード現金化を利用できることを知っておきましょう。審査料や情報保持に手数料が掛かるなど、このようなことを信じてはいけません。銀行の振込手数料までは許せますが、これも無料の業者が圧倒的に多いですので、なるたけ避けた方が無難です。手数料名目で儲けようと考える業者もいることを知っておきましょう。

相談できない相手ではない

クレジットカード現金化は悪いことをしているように感じている人も多いですが、ここに違法行為はありません。しかしその心理に付け込んでくるのも悪質業者。どこにも相談できないと思い込んでいるから、付け込まれるのです。けっして相談できない行為ではありません。詐欺に巻き込まれたら、しかるべき場所に相談をしましょう。その前に悪質な業者を利用しないことが大切です。

知っていれば怖くない存在

知らないで利用し騙されてしまえば、悔しい気持ちになるでしょう。しかし知っていればそれほど恐れる存在ではありません。比較的悪質性はパターン化していますので、それを理解すれば騙されることも少なくなります。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です